サッカーのヘディング:認知機能の健康への静かな脅威

片方の腕にサッカーボールを持ち、もう片方の手で頭を押さえている10代の女性のイメージ。サッカーをしていて頭が痛そうだ。
$

執筆者スター博士、MD、FAACAP

スター博士 は医学博士、精神科医、計算神経科学者で、1990年以来ブレイン・コンピューター・インターフェイスとニューロフィードバックの分野で活躍している。

サッカーのヘディング

サッカーはしばしば、その速いペース、スリリングなゴール、巧みなプレーで称賛される。 アスリート.しかし、最近の研究では、ヘディングに伴う認知機能障害という、美しいゲームにまつわる重大な側面が発見された。 この記事では、さまざまな研究結果、専門家の意見、予防策、ケーススタディを掘り下げ、見出しが脳の健康に与える影響を理解する。.

ヘディングと認知障害に関する主な調査結果

複数の研究により、以下のことが実証されている。 サッカーのヘディングと認知機能障害との間に明確な相関関係.その影響は若い選手で顕著であり、発達途上の脳が特に傷つきやすいことを示している。

  1. 記憶と注意:ヘディングを多用する選手は、言語的・視覚的記憶力が低下し、注意力が低下するという研究結果がある。
  2. 若者の脆弱性:その影響は特に若い選手で顕著で、発達途上の脳がダメージを受けやすいことを示唆している。
  3. 累積効果:長期間にわたる累積的なダメージの可能性は大きく、ヘディングの頻度が高いほど認知機能が低下する。

スターリング大学が実施し、次のようなジャーナルに掲載されたような研究がある。 日本自動車工業会 は、これらの結論の根拠となるデータを提供する。

サッカーにおけるヘディングに関する専門家の意見

スポーツ医学と神経学の専門家による洞察は、ヘディングによるリスクをさらに浮き彫りにしている:

  • リサ・フェルドマン・バレット博士サッカーボールのヘディングによる頭部への繰り返し衝撃は、プロのボクサーやサッカー選手に見られるような脳の損傷を引き起こす可能性がある。特に若い選手に対しては、より慎重になる必要がある。"
  • マイケル・リプトン博士私たちの研究は、ヘディングが認知障害、特に記憶と注意の障害に関係していることを示しています。特に脳が発達途上の少年サッカーでは、リスクとベネフィットを考慮することが重要です。"
  • ジョン・オケイン博士グラスゴー大学神経科学・心理学研究所の研究部長である博士は、「ヘディングの繰り返しがもたらす累積的な影響は、特にスポーツにおける頭部外傷の長期的な影響を示す証拠が増えてきていることを考えると、懸念すべきものです」と強調する。サッカーにおけるヘディングの影響を研究し続け、選手を守るための戦略を開発する必要がある。"

予防戦略

サッカーにおけるヘディングのリスクを最小化するために、専門家によっていくつかの戦略や推奨事項が提案されている:

  1. 正しい見出しの付け方:頭部への衝撃を減らすために、適切なヘディング技術を指導し、練習することを奨励する。
  2. 保護ヘッドギア:特に若い選手には、トレーニング中や試合中に保護用ヘッドギアの使用を推進する。
  3. 年齢別ガイドライン:ユース選手の練習や試合でのヘディングの量を制限するガイドラインを導入する。
  4. 頻繁な休憩:ヘディングの累積効果を減らすために、トレーニングセッション中に頻繁に休憩を取ることを強調する。
  5. 教育:脳震盪の徴候や症状、頭部外傷の報告の重要性について、コーチ、保護者、選手を教育する。
  6. 研究開発:選手への衝撃を最小限に抑える、より安全なサッカーボールの開発に関する継続的な研究を支援する。

ケーススタディは、ヘディングが認知の健康に与える影響を具体的に示している:

  1. スターリング大学の研究(2017年):18歳から55歳のアマチュアサッカー選手123人を調査したところ、ヘディングの頻度が高い選手は、ヘディングの頻度が低い選手に比べ、認知能力、特に記憶力と注意力が劣っていた。
  1. 女子プロ棋士:23歳の女子プロサッカー選手が、通常のヘディング練習後に記憶障害と集中力の低下を訴えた。MRI検査の結果、軽度の外傷性脳損傷と一致する脳の構造変化が認められた。
  2. JAMAスタディ(2018年):ヘディングの練習を20年以上続けていた選手を含む、死亡したサッカー選手の脳組織を分析したところ、慢性外傷性脳症(CTE)の証拠が見つかり、ヘディングの長期的な神経学的影響についてさらなる調査が行われることになった。

マイヌルバはどのように役立つか

マイヌルバ アナ は、QEEGの結果に基づいて、このような神経学的問題を数秒で予測するのに役立ちます!

結論

サッカーのヘディングと認知機能障害を結びつける証拠は説得力がある。記憶力の低下から注意力の欠如に至るまで、そのリスクは若い選手や頻繁にヘディングをする選手にとって特に深刻である。

長期的な神経障害の可能性を考えると、予防戦略を採用し、関係者を教育し、より安全なやり方や技術の研究を続けることが不可欠である。リサ・フェルドマン・バレット博士が的確に指摘しているように、 「特に若い選手に対しては、より慎重になる必要がある」。

こうしたリスクを理解し、対処することで、美しいゲームをプレーするすべての人にとって安全であり続けることができる。

このトピックについてさらに読むには、以下の外部リソースを参照されたい:

情報収集と安全確保に努め、健康を損なうことなく誰もが楽しめるサッカーを実現しよう。

MyneurvaはニューロフィードバックとQEEG分析のグローバルリーダーです。

Myneurvaは計算QEEG解析の世界的リーダーである。スター博士は 脳波信号を分析するシステムおよび方法に関する米国特許.

ニューロフィードバック・ブログより...

うつ病のためのニューロフィードバック - 今日から始めよう

うつ病に対するニューロフィードバックの可能性を解き放つ 効果的なメンタルヘルスの治療法を求め続ける中で、ニューロフィードバック療法は、特にうつ病と闘う人々にとって希望の光として浮上している。薬物療法に頼ることが多い従来のアプローチとは異なり...

脳波-神経エンドフェノタイプとは何か?

表現型とは何か?"表現型とは何か "を理解するために、語源(言葉の起源)を見てみよう。phenoの語源はギリシャ語で「示す」という意味である。生物学において表現型とは、ある生物が、その生物から受け継いだDNAによって発現する形質のことである。

子どものためのニューロフィードバックガイド

子供のためのニューロフィードバックの親のガイド:知っておくべきこと ニューロフィードバックは、子どもの発達と健康の領域で有望なツールとして登場し、子どもの認知能力や情緒を高める可能性のある非侵襲的な方法を提供しています。

ニューロフィードバックのセッション期待すること

ニューロフィードバックのセッションニューロフィードバックは、精神的パフォーマンスを最適化し、うつ病、TBI、ADHD、不安障害など、さまざまな症状に関連する症状を緩和する効果的な方法として、急速に認知度が高まっています。アスリートにとっては...

PTSDサバイバーのための新しい地平線

ニューロフィードバックで安らぎを見つける:PTSD体験者の新たな地平 PTSD(心的外傷後ストレス障害)と闘っている人たちにとって、安らぎへの道を見つけることは、終わりのない迷宮を進むように感じられるかもしれない。PTSDは、心的外傷後ストレス障害(PTSD)を経験したことによって引き起こされる精神疾患である。

ニューロフィードバックはFDA認可済みか?

ニューロフィードバックはFDAに承認されていますか?ニューロフィードバックはFDAの認可を受けているのですか?ニューロフィードバックは、脳波作動条件付けとして知られる技術です。

ニューロフィードバックによる薬物を使わない不安管理法

落ち着きを取り戻すニューロフィードバックは、薬物を使用しない不安管理へのアプローチですニューロフィードバック療法とは何ですか?ニューロフィードバック療法は不安にどのように作用しますか?不安管理におけるニューロフィードバックの利点ニューロフィードバックはあなたに適した方法ですか?

ニューロフィードバック

身近なニューロフィードバックニューロフィードバック療法の包括的なガイド あなたは、メンタルヘルス上の懸念に対する効果的で、非侵襲的で、薬物を使用しない解決策をお探しですか?これ以上探す必要はありません。マイニューバでは、最先端のニューロフィードバックサービスを専門に提供しています。