ニューロフィードバックはFDA認可済みか?

FDAロゴイメージ
$

執筆者スター博士、MD、FAACAP

スター博士 は医学博士、精神科医、計算神経科学者で、1990年以来ブレイン・コンピューター・インターフェイスとニューロフィードバックの分野で活躍している。

ニューロフィードバックはFDA認可済みか?

ニューロフィードバックはFDA(米国食品医薬品局)の認可を受けているのですか?ニューロフィードバックは、次のような技術として知られています。 脳波作動性条件付け. 食品医薬品局 (FDA)の認可を受けたこのカテゴリの機器は、クラスI、II、IIIに分類される。 マイヌルバの使用 クラスIII医療機器 FDAによって承認されているもの.

ウェブサイトによると、FDAは は、ヒトおよび動物用医薬品、生物学的製剤、医療機器の安全性、有効性、セキュリティを確保することにより、国民を保護する責任を負う。 FDAは、医療製品をより効果的で、より安全で、より手頃なものにする技術革新を促進することにより、公衆衛生を向上させる責任を担っている。

このような機器には、FDAによる3段階の分類がある。クラスIの機器は、危害のリスクが最小レベルであるため、規制レベルが最も低い。

クラスⅡの機器は、FDAが特別な管理が必要と判断したものです。これらの管理は、機器の有効性を保証するために不可欠です。さらに、このレベルの監視により、コンプライアンス方法が確実に実施されます。

Myneurvaは、FDA認可のクラスIIIニューロフィードバック機器を使用しています。

クラスIIIの機器は、一般的に人間の生命を支え、維持するものであるため、最も厳しい規制を必要とする。前述の通り、MyneurvaはEEGを取得しニューロフィードバックを行うために、承認されたクラスIIIのアンプを使用している。

ニューロフィードバックはFDA(米国食品医薬品局)の認可を受けているのか?

MyneurvaはニューロフィードバックとQEEG分析のグローバルリーダーです。

Myneurvaは計算QEEG解析の世界的リーダーである。スター博士は 脳波信号を分析するシステムおよび方法に関する米国特許.

ニューロフィードバック・ブログより...

ニューロフィードバック

身近なニューロフィードバックニューロフィードバック療法の包括的なガイド あなたは、メンタルヘルス上の懸念に対する効果的で、非侵襲的で、薬物を使用しない解決策をお探しですか?これ以上探す必要はありません。マイニューバでは、最先端のニューロフィードバックサービスを専門に提供しています。

アルファ脳波とニューロフィードバック - 明晰さと創造性

アルファ脳波 - 序論 脳波活動の領域において、アルファ脳波は特別な位置を占めており、しばしばリラックスした覚醒状態と創造性に関連している。ニューロフィードバックの愛好家や健康コミュニティにとって、アルファ脳波を理解することは重要です。

脳波-神経エンドフェノタイプとは何か?

表現型とは何か?"表現型とは何か "を理解するために、語源(言葉の起源)を見てみよう。phenoの語源はギリシャ語で「示す」という意味である。生物学において表現型とは、ある生物が、その生物から受け継いだDNAによって発現する形質のことである。

ガンマ脳波とニューロフィードバック - 集中力と記憶力

ガンマ脳波とニューロフィードバック - はじめに ガンマ脳波は、しばしば「最も速い」脳波と呼ばれ、30~100Hzの周波数で振動している。認知機能におけるガンマ脳波の重要性はよく知られており、認知機能にとってガンマ脳波が重要であるという研究結果もあります。

QEEGブレインマッピングとは

QEEG脳マッピング - 序論 定量的脳電図(QEEG)脳マッピングは、脳内の電気活動の詳細な分析を提供する洗練された神経画像技術である。QEEG脳マッピングは、従来の脳波計(EEG)を基礎として構築されています。

サッカーのヘディング:認知機能の健康への静かな脅威

サッカーにおけるボールのヘディング サッカーは、その速いペース、スリリングなゴール、選手たちの巧みなプレーで称賛されることが多い。しかし、最近の研究では、この美しいゲームにまつわる問題、すなわちヘディングに伴う認知機能障害が発見されている......。

ニューロフィードバックはあなたを悪化させるか?

ニューロフィードバックはあなたを悪化させるか ニューロフィードバックを専門的に行う場合、原則として、ほとんどのクライアントはニューロフィードバックによる副作用を経験しません。ニューロフィードバック療法は、様々な症状を管理するための非侵襲的で薬物を使用しないアプローチとして注目を集めています。